YARRA RIVER, MELBOURNE

公立の職業訓練学校TAFE


オーストラリアには、日本と同様に私立と公立の学校があります。TAFE(Technical and Further Education)は公立の職業訓練学校で、生徒の半数以上が現地オーストラリア人です。その為、入学基準は私立の職業訓練学校よりも厳しく、オーストラリア人の学生と同じように評価されます。

TAFEのコースはVET(職業訓練コース)に比べてもっとアカデミックであり、専門的で実践的な能力を養うことができます。TAFEでは実践を通して学ぶことで理解を深めることができるため、卒業後は即戦力となることができます。VET (職業訓練コース)と比べると、1200以上のコースが選べますが、その分授業料が高いことが特徴です。

Diplomaを取得したい方、帰国後の転職を検討されている方や、日本での経験を生かしてオーストラリアで資格を取りたい方にオススメです。また、TAFE終了後の大学進学なども可能です。興味がある方はお知らせください。Your Aussie Lifeのスタッフがサポートさせていただきます。

TAFEコースで学べること


専門性を極めよう

メリット

TAFEのコースはオーストラリア内外での実際のビジネスの場面で役に立つよう、実務と理論の両方からアプローチしていきます。

TAFEから大学への入学や編入を行う人もたくさんいます。

TAFEコースとは?

特徴

TAFEは公立の職業訓練専門学校であり、職業に関連している特定の分野に関する知識を、英語で学び、深めていくコースです。TAFEはVET(職業訓練コース)に比べてもっとアカデミックで、専門的で実践的な能力を養うことができます。TAFEでは実践を通して学ぶことで理解を深めることができるため、卒業後は即戦力となることができます。コースの期間は履修するコースによって様々ですが、VETと比べるともっと集中的なコースとなっており、週に1日から4日の通学となる場合が一般的です。

取得できる資格はレベルや期間に応じて様々で、サティフィケート2から4、ディプロマやアドバンスト・ディプロマと呼ばれる資格を取得することができます。

TAFEへの入学条件

入学に必要なこと

オーストラリアでTAFEコースに入学するためには下記の条件を満たすことが必要となっています。

 

・高校を卒業していること(コースによっては更に上の資格が必要です)

 高校の卒業証書や最終学歴の英文証明書の提出が必要です。また、コースによっては、そ のコースに関連する資格や経験が問われることもあります。

 

・英語力(英語学校での証明書・IELTSTOEFLケンブリッジ英語検定

 中級レベルの英語力が必要です。IELTSであればアカデミックで5.5以上が基準となります。

 

オーストラリア入国時に、全ての書類を準備しておくことでその後のプロセスが簡単になります。

TAFE

コースの種類

TAFEのコースにはたくさんの種類があります。教育関係、マネジメントやマーケティング等のビジネス関連コースをはじめ、保育、調理、ホスピタリティ、ツーリズム、マッサージ、美容、IT、スポーツなどなど幅広い分野の中から、必ず勉強したいコースが見つかります!

お問い合わせフォーム


ブログを読む



ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください


0 Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせフォーム

お問い合わせ