tips australia

元英語ゼロの私が教える!オーストラリア留学で本当に必要な英会話

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...

カテゴリーなし

みなさんこんにちは!
帰国準備をしないといけないのになかなか進まないSayakaです(;o;)
 
このブログを読んでくださっている方の中には、オーストラリア留学・ワーホリ出発前の方もいらっしゃると思います。
 
荷物は少なく持ってきた方がいいです。
これは本当に!
 
わたしもセカンドは少なく持ってきてあまり買い物しなかったつもりですが、帰国の際には絶対スーツケースに入りきれないので断捨離を頑張ります!!
 
オーストラリア留学 ワーホリ
 
 
さて今回は、

お店や道端で人と会ったときや、友だち同士や恋人の、ちょっとした挨拶やお互いの呼び方

を紹介したいと思います。
 
なぜかというと、わたしが三年前に初めてオーストラリアにきたとき、最初はいろいろ戸惑ったからです!!
 
 
まず、お店などで入店すると、

Hi,How are you?と個人的に

挨拶されます。
最初はこれに戸惑いました。
 
日本では、

いらっしゃいませー!と全体に向けて

挨拶をしますよね?
 
この「いらっしゃいませ」に対してなにか特別に返事はしない人が多いのではないでしょうか?
 
するとしても、軽く目を合わせて会釈するくらいですかね。
オーストラリア留学 会話
 
でもオーストラリアでは、個人的に挨拶をされるので、無視するわけにはいきません。

Good,Thanks^ ^
と答えましょう。

 
 
と、心ではわかっていても慣れるまでに時間がかかりました。
 
わたしは、一年目にメルボルンで生活を始めた際に、スーパーのレジでのHi, How are you?
にさえぎこちなく答え、緊張しながら進んでいたのに、
 
わたしの横のレジに並んでいたオージーの友だちは、レジの人と仲良く話していて、「知り合い?」と聞くと、「いや違うよ?」と。
 
おい、違うんかい!という感じですが、こんな具合でフレンドリーに誰とでも会話を楽しむのがオージー流!笑。
 
わたしもしばらく経つと英語での挨拶にも慣れてきて、セカンドワーホリでまたオーストラリアにきた際には、現在はオーペアをしているので行きつけの八百屋さんやお肉屋さんもあり、そこではお店の人とも楽しく会話できる余裕がもてるようになりました^^
 
オージーはとてもフレンドリーなので、お店や道端で知らない人同士で楽しく会話することもよくあります。
 
また逆に言うと、挨拶をしない人や無愛想な人を嫌う傾向があります。
 
これはオージーに限らず、ほとんどの欧米やラテンの国の人たちはそうです。
 
ある国の人たちは(国名は出しませんが)、アパートメントで会っても挨拶もしないし、お店などでも無愛想だしマナーが悪いから嫌いだと、いろんな人が言っています。
 
挨拶をしないと、その人がどんな人なのかわからないですし、無愛想だと気分が悪いですよね。
 
わたしも日本にいるときは田舎に住んでいたので、地域の人たちには進んで挨拶をして世間話をしていました。
 
その田舎のフレンドリーな感じが、メルボルンの大都会の中や郊外でも行われていて、なんだかほっこりしますよね♪
 
みなさんも、最初は自分から話しかけるのは難しいかもしれませんが、

まずは、笑顔でHi^^
ここから初めてみましょう!

オーストラリア留学 英会話
 
そのあとは

How are you?
→Good,thanks. How are you?

と会話が続いたり、
ときには、

How’s going?

と聞かれることもありますが、
これはHow are you? と同じです。

I’m good.
Ok.
Alright.
Not too bad.

などの答えは、「元気だよ」と言う意味でもありますし、単に挨拶なだけなので、そのあと別の会話に移ることもあらりますし、そこで会話が終わることもありますが、これで大丈夫。
 
あとは、

Pretty good.
Great.
Excellent.

などは、「めっちゃ元気!」
と気分がとってもいいときに使うので、そのあとに、なぜそうなのかを付け加えると、そこから会話が広がっていきます。
 
日本の学校でよく習う
I’m fine.
は、ちょっと冷めた感じがするのでわたしはあまり使いません。
 
 
また、個人に対する呼びかけもいろいろあって、ちょっと年上の女性だと、

Hi,Darling.

など、「ダーリン」を使ってきます。
これは、ダーリンとハニーなど、甘い感じの呼びかけではなく、単に親しみを込めて(初対面でも)つかっているだけなので、普通に会話して大丈夫ですよ。
 
うちのオーペア家族も、子どもに対してよく使っています。
 
オーストラリア オーペア
 
また、女性に対して呼びかけるなら

Hey,girl または、Hi,lady!

男性に対して呼びかけるなら、

Hey mate! Hi,bro!

と言われることも。
これは、名前は知らないけど、呼びかけたいときに使われています。
 

目を合わせて、
Hi!と笑顔で答えてみましょう。

 
また、友だちからのメッセージなどでは、

Hi beautiful
Hi gorgeous
Hi doll
Hi babe

などなど、いろんな呼び方があって、どれも相手に対して親しみを込めて呼びかけています。
 
わたしも、最初はなんだこれ?と思ってましたが、単なる挨拶の呼びかけですので、さらっと返しましょう。
 
また、慣れて来たら、自分からも呼びかけにつかってみるといいですね。
 
男性同士なら

Hey mate または、Hey bro

が多いでしょうか。
 
いまちょうど、わたしのオーペアのオージーママにきいたら、bro はニュージーランド系がよく使うそうで、オージーはmateを多用するとのこと。

 
恋人か、それに近い関係なら、

Hi baby
Hi babe
Hi love
Hi my lover
Hi cutie
Hi sweetie
Hi sweetheart

がよく使われます。
 

My love

などのように、My を使うともっと特別な雰囲気が伝わりますね。
 
あとは、二人だけの間で使うニックネームで呼び合うこともありますよ。
 
日本でも、ニックネームを使うと親しみをさらに感じるように、英語で呼びかける際にも、いろんな呼び方をつかってみると、さらに距離が縮まると思います。
 
わたしも最初は自分からMy lover などと言うのは抵抗がありましたが、たくさん呼びかけを聞いている中で自然と使えるようになりました。
 
自分にしっくりくる言い方もあると思うので、いろんな呼び方を聞いて、その中から自分の気分で使い分けれるといいですよね。
 
 
 
このように、呼びかけや挨拶などは、日本で勉強してくるというよりも、現地で生活しながら自然と身についていくものが多いと思います。
どんどん人に出会って、生の会話の中でたくさん英語を吸収していきましょう♪
 
オージーライフオフィスでは、現地生活を完全サポートしていますので、あなたのオーストラリア生活のスタートから途中のケアまでしっかりお手伝いできますよ。
 
安心してオーストラリアに来てくださいね^ ^
 
ご相談や質問などありましたら、オージーライフスタッフまで、お気軽にどうぞ(^_−)−☆
 
———————————————————————
Aussie Life
Level8, 140 Queen street, Melbourne 3000 VIC
M : 045 220 2350(日本語直通)
E : momoka@youraussielife.com
LINE : ktgkucmmk(ラインからのご相談受付中!)
Twitter, Facebook ”Aussie Life JAPAN’で検索!
———————————————————————

Share Tweet Pin It

Related post

0 Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

チャットしよう

チャットしよう