コロナウイルスとオーストラリア留学

新型コロナウイルスとオーストラリア留学

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (4 votes, average: 5.00 out of 5)
読み込み中...

ニュース

新型コロナウイルスとオーストラリア留学

Your Aussie Lifeより、オーストラリアの現状、 新型コロナウイルスとオーストラリア留学 に与える影響、そしてYour Aussie Lifeができることをお送りいたします。

全世界で感染拡大が止まらない新型コロナウイルス。

もはや誰もが『他人事』ではなくなっている状況の中、
オーストラリアへの留学をご計画されていた方、逆にオーストラリアから日本へのご帰国を予定されていた方も、オーストラリアにいるべきか?日本へ帰国すべきか?
ご判断ができかねる状況の方が多いと思います。

 

【新型コロナウイルス対策】 オーストラリアの現状ー2020年4月27日(現在)

感染件数

 

オーストラリア政府のWebsiteより、コロナウイルスの最新情報を取得することができます。

2020年4月27日時点で、オーストラリアで6,713件のコロナウイルス(COVID-19)感染者が確認されています。

 

1週間ほど前と比べても、50~60人程度しか感染者は増えていません。またクイーンズランドは感染者数0を記録したとの報道もあり、目に見えるように数は減ってきています。

 

新型コロナウイルスとオーストラリア留学

 

■ソース

Coronavirus (COVID-19) current situation and case numbers

【新型コロナウイルス対策】実際の街の様子

 

オーストラリア全土での自宅待機の影響もあり、街中にはほとんど人が歩いていません。現在は、生活必需品の買い物、ソーシャル・ディスタンスの遵守をした上での運動などでしか外出は許されていませんので、皆さんもできるだけ自宅での待機をしてくださいませ。

また、現在、スーパーマーケットではパスタ、コメ、トイレットペーパーの買い占めが広がり、不足しています。これに伴い、スーパーマーケットでは棚卸スタッフの増員を決定し、留学生を雇用するようになりました。

コロナウイルスとオーストラリア留学

 

【新型コロナウイルス対策】入国・出国に制限

 

入国制限 オーストラリア留学

 

オーストラリア政府は、オーストラリア人及び居住者ではない全ての人(オーストラリア人以外の人)に対し、3月20日(金) 現地時間午後9時より国境を閉鎖することを決定しました。

そのため、今からオーストラリア入国を考えていた方は、延期をしなければならなくなります。

また、入国者の14日間の自己隔離措置は継続中ですので、3月15日(日)以降に入国をされた方は、引き続き自己隔離をお願いいたします。

 

【新型コロナウイルス対策】オーストラリア政府の対応

 

ビクトリア州のロックダウンは、1か月間延長され、5月11日午前0時までとなりました。

 

3月20日、モリソン首相は、集会やミーティングに関する新たな措置を要請しました。

内容としては

・最低1.5メートルの距離を取りながら、他人と接触をすること

・4平方メートルに1人以上いてはいけないこと (例:10メートル四方の部屋には最大25人までしかいれない。)

となります。

(随時更新されるため、最新情報は下記をご覧ください。)

 

3月22日の発表により、病院やスーパーマーケットなどの必要なサービス以外は、3月24日(火)より、閉鎖しなければならなくなりました。

閉鎖・停止されるサービスは以下の通りです。

  • パブ
  • クラブ
  • 映画館
  • カジノ
  • 宗教的な集会および礼拝場、葬儀場
  • ジムや屋内スポーツ施設

 

また、現在美容系のサービスにも制限がかかっており、営業内容や営業時間の変更、閉店などで対応しているところも見受けられます。

 

【最新情報】

 

オーストラリア政府より発表がありました最新情報は下記の通りとなります。

●買い物や通勤

・通学等以下の場合をを除き,自宅での待機を強く要請

・食料,必需品等の買い物・必要な医療や健康上のケアを行う場合(人道的な理由を含む)

・公の場での集会の条件を遵守した運動

・在宅での仕事や遠隔学習が困難な場合の通勤・通学

●屋外・屋内含め家族以外との集会は2人(自分以外1人)に制限

●プレイグランド,スケートボード場等閉鎖

●70歳以上の方,既存症又は併存症を有する60歳以上の方に対して,自宅での自己隔離を強く要請

●コロナウイルスの影響を受けた経済的困窮者の事業用及び居住用の賃借について,今後6ヵ月間にわたる立ち退きの猶予(moratoriumon evictions)に合意

●連邦政府は,コロナウイルスに関する情報アプリとWhatsAppのチャンネル(aus.gov.au/whatsapp)の立ち上げを公表

●4月26日,豪州連邦首相府及び保健省は,コロナウイルス感染者との濃厚接触歴を記録する機能を持ったスマートフォン用のアプリ(COVIDSafe)を立ち上げました。

<在メルボルン日本国総領事館のEメールより完全引用>

 

■ソース

TRANSCRIPT – PRESS CONFERENCE

https://www.abc.net.au/news/2020-03-23/coronavirus-update-covid-19-germany-rand-paul-centrelink-mygov/12079738

 

【新型コロナウイルス対策】アジア人への差別

 

数人の生徒様から、子供から『コロナ』って言われた、バスの中で隣に座ったら露骨に嫌な顔をされたという方が数人いましたが、弊社のスタッフ全員、何か嫌がらせ的な事をされたということはございません。しかしながら、露骨にチャイニーズレストランがガラガラだったり、フィッシュマーケットのロブスターが中国へ輸出ができなくなったため破格の値段で売られていたり、経済的な影響を垣間見る事はあります。

 

【新型コロナウイルス対策】オーストラリアの学校の対応

 

ほとんどの学校が生徒から生徒への感染等を予防するために出来る限りの努力をされています。

 

3月17日(火)より、数校の学校が休校となり、その期間中の授業を『オンラインコースにて行う』との発表がありました。

今後、同様の措置をとる学校が増えてくることが考えられますので、状況を注視します。

 

学校の対応 オーストラリア留学

【新型コロナウイルス対策】日本へ帰国するかお悩みの方へ

 

ビザがもうすぐ切れるんですが、家族に帰ってくるなっと言われた。。。どうしようとお悩みの生徒様も沢山いらっしゃいます。

2020年4月1日 午前11時半の時点で日本で感染が確認された人は、国内で今般の新型コロナウイルスに関連した感染症の感染者は7,255例となりました。

【内訳】
・患者4,552例(国内事例4,507例、チャーター便帰国者事例11例、空港検疫34例)
・無症状病原体保有者531
(国内事例444例、チャーター便帰国者事例4例、空港検疫83例)
・陽性確定例2,172例(国内事例2,172例)
・日本国籍の者3,129名、外国籍の者59人(他は国籍確認中)

 

■ソース

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について

 

4月1日,日本政府は,4月3日午前0時(日本時間)以降実施される水際対策強化措置を発表しました。

  • 14日以内にオーストラリアに滞在歴のある日本人を含む全ての入国者は,PCR検査の実施の対象となり,結果判明までの間,検疫所長の指定する場所で待機することになります。ご自宅等で検査結果を待つ場合,公共交通機関を使用せずに移動できることが条件となりますので,ご注意ください。

 

■ソース 在メルボルン日本国総領事館から引用

 

また、3月より全国の小中高が臨時休校を開始し、自宅からのリモートワークを開始した会社も増え、日本は外出をなるべく制限するようにし、感染拡大を阻止しようという動きになっております。

当初予定していたご帰国プランを実行するかどうかお悩みの方も沢山おられるかと思います。

 

・オーストラリア滞在延長か日本帰国でお悩みの方はこちら

 

オーストラリア留学 帰国するかどうか

 

【新型コロナウイルスとオーストラリア留学】航空会社の対応

 

  • 4月3日(金)現在,日豪間の直行便は,全日空のシドニー・羽田線のみが運航しており,日本への早期帰国が必要な方は可能な限り早めの出国をご検討ください。

 

1 全日空

(1)シドニー・羽田線

5月16日シドニー発の便まで週3便で「運航」予定です。ただし,5月16日よりも前に,減便や運休が発表される可能性は否定できません。また,5月16日以降の運航予定については,まだ発表されておらず,減便や運休の可能性があります。

 

(2)パース・成田線

5月15日パース発の便まで「運休」が決まっています。また,それ以降の運航予定については,まだ発表されておらず,減便や運休が継続される可能性があります。

最新の運航情報は,こちらをご確認ください。

 

 

2 日本航空

(1)シドニー・羽田線

6月1日シドニー発の便まで「運休」が決まっています。また,それ以降の運航予定については,まだ発表されておらず,減便や運休が継続される可能性があります。

 

(2)メルボルン・成田線

6月1日メルボルン発の便まで「運休」が決まっています。また,それ以降の運航予定については,まだ発表されておらず,減便や運休が継続される可能性があります。

最新の運航情報は,以下の同社サイトをご確認ください。

https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

https://press.jal.co.jp/ja/schedule/

 

3  カンタス,ジェットスター,ヴァージンオーストラリア航空

カンタス及びジェットスターについては少なくても5月末まで,ヴァージンオーストラリアについては6月14日まで,日本直行便を含む全ての国際線を運休することが発表されており,現在運休中です。

 

(在メルボルン日本国総領事館よりのEメール参照)

 

【新型コロナウイルス対策】ビザについて

 

コロナウイルスが終息するまではやぱりオーストラリアにいようっとご決断された方が一番気になるのはビザのことですよね。

オーストラリア国内での 1stワーキングホリデービザ、及びETAS申請は認められていません。

そのため、現在観光ビザ、ワーホリビザで 2ndワーキングホリデービザ取得予定のない方は、学生ビザですとオーストラリア国内からもオンライン申請(eVisa)することができます。

 

 

オーストラリア留学 コロナウイルス

 

 

学生ビザでオーストラリアで勉強をして帰国後に備えるというアイディア

 

 コロナの流行がいつ終息するのか、多くの専門家でも予測ができていません。

学生ビザへ切り替えた場合、どんなオプションがあるのか、親切・丁寧なカウンセラーが一番ぴったりなプランをご提案いたしますので、帰国を予定していたけれどオーストラリアへ残る事を検討されている方、または急ぎで学生ビザへ切替が必要な方は、お気軽にYour Aussie Lifeにお問い合わせくださいませ。

 

学生ビザ申請をする方へ

 

【Your Aussie Lifeからの応援企画】学生ビザ申請費用50%OFFキャンペーン

 

現在、お仕事を失った方や、シフトが減った方など、様々いらっしゃると思います。また、ご帰国のフライトが何度もキャンセルとなり、断念された方もいらっしゃるかもしれません。

 

さらに、もうすぐビザが切れてしまう方は、新しくビザの申請をしなければいけません。

 

そこで、Your Aussie Lifeは、そんな皆さんを応援するため、Your Aussie Lifeから学生ビザのお手続きをされた方は、Your Aussie Lifeが学生ビザ申請費用の50%をカバーすることに決めました。

 

こんな大変な時だからこそ、みんなで乗り越えていきましょう!!

 

学生ビザ申請費用(620$)を負担してくれる学校

 

コロナウイルスの影響で、オーストラリア滞在を延長するかどうか悩んでいる方に嬉しいお知らせがあります。

Your Aussie Lifeでは、学生ビザ申請費用 (620$) を負担してくれる学校を紹介可能です。

適用条件はありますが、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

 

週190ドル&入学金が無料の学校

 

2020年6月30日までに入学を確定する方へ!

【英語クラス】
・週190ドル(デイ&イブニングクラス両方に適用)
・教材費20ドル(オンライン教材)
・入学金無料!!

【専門学校】
・Term 3 & Term 4のタームごとの授業料が750$!

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

 

まとめ

コロナウイルス

 

新型コロナウイルス感染症は、今や世界中で報告されています。どこにいるのが安全と言い切れませんが、オーストラリア南東部メルボルンにあるピーター・ドハーティー感染・免疫研究所は2020年1月29日、コロナウイルスの培養に成功したと発表しました。

また、クイーンズランド大学は、疫病対策準備イノベーション連盟(CEPI)の要請を受けて、ワクチン開発の研究を進めています。
以上が 新型コロナウイルスとオーストラリア留学 に与える影響についてです。ご質問や、ご不明な点がある方はお気軽にお問い合わせください。

 

Your Aussie Lifeについて

 

これまでに、世界中のたくさんの方がYour Aussie Lifeを通して、オーストラリアやニュージーランドでの留学・ワーホリを実現させてきました。

Your Aussie Lifeは、メルボルン、シドニー、チリやコロンビアにオフィスを持ち、たくさんの方より、信頼ができる留学エージェントとの評価をいただいております。

Your Aussie Lifeには“ユニバース”という自社開発のプラットフォームがあり、

 

・書類管理が一括でできる

・見積もりが簡単に確認できる

・支払いが安全にできる

 

ので、ビザやCOEなどの書類、お支払いの期限なども全部オンラインで確認することができます。

 

Your Aussie Lifeでは、カウンセラーが丁寧に、お客様の状況や条件をヒアリングしながら、それぞれに合ったプランを考えています。

 

・オーストラリアの学生ビザとは?

・英語を半年で絶対伸ばしたい

・午前中は働きたいから夜のコースがいい

・できるだけ安い学校がいい

・視野を広げたい

 

…など、なんでも伝えてもらって大丈夫です。

思い立ったらまずお問い合わせをしてみてください。

 

あやふやまなままでいいのかなぁ?もうちょっと自分で調べた方がいいのかな?と不安に思っている方もいらっしゃるかと思います。

いいんです。Your Aussie Lifeに丸投げしてください!

 

・留学に行きたいけど、どの都市が合いますか?

・いつがいいと思いますか?

・暖かいところがいいです

 

とかでもいいと思います。

 

私たちのサービスはご相談から学校手配、帰国後の就職サポートまで全て無料で行なっており、皆さんの条件や状況に合わせた留学プランをご提案しています。

そして、おかげさまで120件以上の大満足(☆☆☆☆☆)というレビューもいただいております。

学校や準備開始時期、渡航時期など、ご相談やご不明な点などがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

Your Aussie Lifeはメルボルンとシドニーオフィスから、最新の留学情報や生活情報を発信していきます!!

皆さんの、現地でのお悩み相談にも、どんどん現地オフィスを活用してくださいね♪

 

Your Aussie Lifeのメルボルンオフィスの様子 (Youtube video)

 

☆シドニーオフィス紹介のYoutube動画はこちら

 

Your Aussie Lifeでは、サポートのプロが勢ぞろい! メルボルン、そしてシドニーより、あなたのオーストラリアの滞在を延長を全力でサポートします\(^o^)/

みなさんの要望や条件にあった学校を一緒に相談しながら決めていけますよ♪

安心して頼っても大丈夫です!明るいオフィスでお待ちしております♡

日本からの電話やメールでのお問い合わせもどんどんお待ちしていま~す\(^o^)/

 

Dare yourself to come with us and live the best adventure of your life!

 

・オーストラリア留学のビザについてはこちら

・オーストラリアの学生ビザについてはこちら

・ワーホリビザについてはこちら

・短期留学をお考えの方はこちら

・オーストラリア留学の流れについてはこちら

・オーストラリアの専門学校についてはこちら

・TAFEについてはこちら

 

——–お問い合わせはこちらから。日本語でどうぞ!——–

Your Aussie Life

日本語直通電話:0452 202 350

LINE ID : ktgkucmmk

E-mail: momoka@youraussielife.com(日本からのお問い合わせもOK!!)

Facebook, Twitter , Instagram  “Aussie Life JAPAN“で検索!

Level9, 124 Exhibition Street, Melbourne, VIC, 3000

502/147 King St, Sydney NSW 2000

__________________________

Share Tweet Pin It

0 Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせフォーム

お問い合わせ