費用を抑えてオーストラリア留学

費用を抑えて長期でオーストラリアに留学するコツ:今までの事例をご紹介【シドニー編】

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
読み込み中...

ガイド , ヒント

費用を抑えて長期でオーストラリアに留学するコツ【シドニー編】

長期留学はオーストラリアがおすすめ

 

シドニーオフィスよりお届けします。

観光、ワーホリで来てみたらオーストラリアがすごく好きになってしまった….
長く滞在したい‼︎もっと英語を学びたい‼︎日本に帰りたくない‼︎など、長期でオーストラリアで留学を希望している方の事例をご紹介いたします。
オーストラリア留学の魅力の1つでもある、学生ビザでも仕事ができるっという点が他の国よりも比較的予算が少ない方でも留学がしやすいので、長期留学のハードルが高いと思っている方には必見です。

オーストラリア留学 費用

 

おすすめの理由3点

 

オーストラリアが長期留学に向いてると断言できる根拠は下記3点です

1.他の英語圏の国の学校と比べると値段が安い
2.学費を分割で支払うことができる
3.学生ビザでも仕事ができる、仕事がみつけやすい

 

シドニー 長期留学

 

物価が高いことに慣れる、工夫することが大切

 

物価が高いことで有名なオーストラリアですが、意外に工夫すれば快適に留学生活を送ることができます。衣食住別でご説明します。

衣・・・セールが頻繁に行われていたり、安いスーパーや古着屋などもあり、衣類でお金がかかるということはあまりないです。
国民性なのか、よくスポーツウェアとビーサンで街を出歩いてる人が沢山いるぐいなので
あまりファッションに関しては日本の様にがんばらばくても誰も何も思わないという空気はあります。

食・・・外食は高くつくので、基本は自炊にしないと食費はとんでもないことになります。
しかし、外食でもBYO(お酒を持ちこんでもOK)のところでカジュアルなイタリアンやアジアン系(タイ、マレーシア、ベトナムなど)のお店は美味しくて安いお店も沢山あります。
スーパーで普通にお米なども購入でき、パスタも$1以下で購入できますので、ランチを持参したりするとかなりの節約になります。

住・・・シドニーは他の都市に比べてレント費用が高いです。特にシティーに住む場合はオウンルーム(一人部屋)は平均$450/週ぐらいになります。
2人部屋で$250/週、3人部屋以上で$120-150/週のイメージです。しかし、シティーから離れれば、平均$250前後でオウンルームを借りる事ができますので、
運良く自分に合った物件と出会えれば快適に過ごすことができます。家賃は大体1週間ずつ、または2週間に1度のペースで支払います。

 

オーストラリア留学 物価

 

 

生徒様のリアルな事例-シドニー編

 

長期でオーストラリアで留学をしている方の例をあげて費用をご紹介いたします。
※2020年2月現在の情報となります。$1=73円での計算です。例)Aさん/32歳 ワーホリ終了後にもっとオーストラリアに滞在したく、トータルの3年の学生ビザを取得。
学校は専門学校に通学。滞在目的のためとにかく安い学校をチョイス。学費の支払いは3ヶ月に1度行います。
衣食住の中でも住にこだわりがありオウンルームは絶対譲れない、お酒も好きなので食費の中に含んでいます。

 

学校の支払いがある月

 

費用の内容

必要な費用

滞在費

シェアハウス 週250ドル ✖︎ 4週  1,000ドル

1ヶ月合計1,000ドル (7,3000円)

食費

週120ドル ✖︎ 4週=480ドル (35,040円)

学費

学費 1,300ドル (3ヶ月分) 分割で支払い(94,900円)
交通費(電車、バス)

週50ドルx4週間=200ドル(14,600円)

その他(観光・ショッピング等) 月100ドル(7,300円)
通信費(携帯電話・インターネット)

月30ドル(2,190円)

貯金

月100ドル(7,300円)

合計

3,210ドル(234,330円)

 

学費の支払いがない月は1,910ドル(139,430円)でまかなうことができ、
例えば時給24ドルの仕事を週20時間した場合=週480ドルの収入を得ることができます。

つまり、週480ドルx4週間=1,920ドルで生活費用を貯金ではなく労働でおぎなうことができます‼︎
そのため、ワーホリが終わった後に貯金が少ない方でもオーストラリアで滞在することは可能なのです。

 

ほとんどの専門学校が10週間通学したあとに3週間ほどホリデーがあります。このホリデーの間は無制限に仕事をすることができるため、
その間に学費分を稼ぐことができます。

 

支払い オーストラリア留学

 

シドニーで生活するために実際みんながしている工夫例

 

【節約編】

・飲みに行く時はハッピアワー
・友達と食事に行く時はパブの$10ステーキやBYOがOKなお店
・Grouponを使う
・金欠の時はドミノピザ
・朝ごはんは家で食べる(ヨーグルトにシリアルなど)
・ランチは作って持参(サンドウィッチやパスタ)
・コーヒーはセブンイレブンの$1
・食品を買う時はALDIに行く
・遊びに行く時はビーチや公園などでピクニック

【お金を作る編】

・FXなどをやる
・カジノに行く
・ブログやインスタ収入
・高い時給の仕事につくため英語力を必死で磨く
・Uber Eatsをやる
・自分のできるスキルを個人でやる(例:自宅でネイルやまつエクなど)
・許可を取って路上パフォーマンス
・Your Aussie Lifeに学校にいきたいお友達を紹介する(要お問い合わせ♡)

 

オーストラリア留学 費用を抑える

 

まとめ

 

オーストラリアの魅力的なポイントの1つは物価も高いけれど時給も高いということ。
そして、お給料が2週間に1度お支払いしてくれる会社も多いので、なんとか生きていけるという生徒さんも沢山おりますので、物価が高くてもそこまで不安にならなくても大丈夫です。

せっかくのオーストラリアでの留学生活が、お金についての過剰な心配でストレスになっては身体にも精神的にもよくありません。


美しいビーチやリバー、トレッキング、BBQ設備のある公園、バラエティ豊かな本が楽しめる図書館など、無料で楽しめる場所がシドニーには沢山あります。


今まで実家ぐらしで料理や家事をしたことがなかった生徒様ができる様になって、その後帰国されてから人生に生かす事ができたなど、ご自身の成長を感じれた方が沢山おります。
ポジティブに捉えながら楽しい留学生活を送りましょう。

 

オーストラリア留学

 

Your Aussie Lifeについて

 

Your Aussie Lifeでは、渡航前や留学中のご相談から、留学後の就職活動まで無料でサポートいたします!!

自分だけで頑張るよりも、頼れるところは頼るというのも、あなたの力を最大限に引きだすためには必要なことだと思います。

まずはお問い合わせをしてみてくださいね♪

 

Your Aussie Lifeはメルボルンとシドニーオフィスから、最新の留学情報や生活情報を発信していきます!!

皆さんの、現地でのお悩み相談にも、どんどん現地オフィスを活用してくださいね♪

 

広くて、明るいオフィスであなたをお待ちしております!!!

 

(シドニーオフィス紹介のYoutube動画はこちら)

 

日本からの電話やメールでのお問い合わせもどんどんお待ちしていま~す\(^o^)/

 

・オーストラリア留学の費用例11ケースはこちら

・オーストラリアのビザについてはこちら

・学生ビザについてはこちら

・ワーホリビザについてはこちら

・オーストラリア留学の流れについてはこちら

 

——–お問い合わせはこちらから。日本語でどうぞ!——–

Your Aussie Life

日本語直通電話:0452 202 350

LINE ID : ktgkucmmk

E-mail: momoka@youraussielife.com(日本からのお問い合わせもOK!!)

FacebookTwitter , Instagram  “Aussie Life JAPAN“で検索!

Level9, 124 Exhibition Street, Melbourne, VIC, 3000

502/147 King St, Sydney NSW 2000

__________________________

Share Tweet Pin It

0 Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせフォーム

お問い合わせ