Three things I regret after working holidays ワーホリ オーストラリア 後悔

真似しないで!オーストラリアワーホリ後に後悔している3つのこと

オーストラリアワーホリ後に後悔している3つのこと

みなさま、こんにちは!
Sayakaです^^
今回の記事では、オーストラリアでのワーホリを終えたSayakaが、
「あ〜やっとけばよかった」とオーストラリアワーホリ後に後悔している3つのことについて、みなさまにお話ししたいと思います。

ワーキングホリデービザとは

ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザとは、ワーキングホリデー協定締結国の国民に、異文化の中で休暇を楽しみながら、その間の滞在資金を補うために一定の就労をすることを認めるビザです。

そのため、フルタイムで働く権利が与えられており、また同時に、オーストラリアのワーホリでは最大17週間までの学校への通学も許可されています

政府より定められた基準を満たせば、2年目, 3年目のワーキングホリデービザの申請も可能となります。しかし、1国につき1回しかワーキングホリデービザを申請することができません。

ワーキングホリデービザの申請の条件は?

ワーキングホリデービザ申請の条件として

  • ワーホリビザ申請時の年齢が18歳から30歳まで (31歳未満) であること
  • 有効なパスポートを保持していること
  • 過去にオーストラリアにワーキングホリデービザで来ていないこと
  • 子供を同伴として連れてこないこと   

が移民局のホームページに書かれています。

1年目のワーキングホリデービザ申請は、オーストラリア国外から申請をしなければなりません。

2019年7月1日の改定で、セカンドワーキングホリデービザを保持している、または保持していた方が、2019年7月1日以降に政府指定の地域で6ヶ月間の季節労働に従事すると3年目のワーキングホリデービザに申請をすることができるようになりました。

*セカンドやサードワーキングホリデービザの申請の際には、季節労働に従事した証拠となる書類が必要となりますので、労働先から証明書を必ず貰うようにしてください。

(労働先への移動の際の航空券やチケット類も、保管しておくことをおすすめします。)

日本とオーストラリアは1980年にワーキングホリデー協定を結んだため、40年近い歴史があり、今までにも多くの日本人がワーキングホリデーでオーストラリアを訪れています。

また、お仕事探しの際には英語力が1つの条件として考えられることが多いので、最初に語学学校に通ってからお仕事探しをされる方がほとんどです。

オーストラリアワーホリ後に後悔している3つのこと

英語の勉強

Regret after working holiday in australia

これは、勉強して損は絶対にないですよね!!

わたしの場合は、2年目のワーホリではオーペアをしつつ、現地の生活をしながら“ホリデー”を過ごすのが目的でもあったので、語学学校には通いませんでした。
オージー家族と過ごし、友だちと遊んだり、積極的に人に会う場に出向いていたため、スピーキング力は伸びたと思います。
ただ、リーディングやライティングの力は全く伸びませんでした。
これは、わたしが机に向かう勉強をサボっていたからです。

ワーホリ中に、英語で会話をする機会を多く作ったことで、ワーホリ前にわたしの頭の中にある英語の知識を10とすると、そのうちの9を会話で使えるようになったかもしれません。

しかし、10の英語力を20にするには、やはり会話だけではなく、調べる・書く・読む・練習する・覚えるなど、自分の努力が必要です。
そこが、足りなかったなと後悔しています。

せっかく日本にいるよりも時間があったのだから英語の勉強をもっとしておけばよかったな…と、日本で時間に追われて働きながら思っていたSayakaでした。

▼オーストラリア留学・ワーホリでの滞在中の英語学習法に関する記事はこちら

資格を取る

ワーホリ中、ただ漠然と英語力をつけようとするのではなく、目標を持って取り組むのも1つの手です。
ケンブリッジ検定やIELTSなどの英語の資格取得に励む方もたくさんいます。
その資格やスコアを持っておくと、日本に帰国した後の再就職や転職にも役立ちますよね!

▼ケンブリッジ検定とIELTSの比較はこちらの記事をどうぞ。

また、英語の資格だけでなく、ネイリストやヨガやダンス講師の資格が取れる専門学校や、人気のバリスタの資格が取れるコースもあります。
わたしも、なにか資格を取っておけば、また違う道も考えられたかな~なんて思います。


オーストラリア滞在中に出会った友達は、帰国後の転職の際の面接でワーホリと英語力についてアピールすると、
「じゃあ具体的に、滞在中に取得した英語の資格とかはありますか?」
と面接官から聞かれて、何も言えなかった…。とのこと。
日本は特に資格を重視する傾向にあるので、何か形に残るものをひとつ持っておくだけでも違いますよね!

オーストラリア留学・ワーホリ 後悔

英語力を生かして外資系企業や航空会社に就職

海外留学と聞いて一番に思い浮かぶのは英語を身に着けることですよね。ただ語学学校に通うだけでなく、IELTSやケンブリッジ検定などの英語の能力を示すことができる資格を留学中に取得しておくと、就職に有利です。

例えば大学の休学留学でケンブリッジPETを取得し、日本に戻ったあとに航空会社のカウンターで働いてる方もいらっしゃいますし、留学中にFCEとってからの転職で、外資系企業の英語面接が免除になったという方もいらっしゃいます。 私Sayakaもケンブリッジコースをオーストラリア留学中に実際に受けていましたが、そのクラスに18人いたうちの半数は転職のため、3人は大学休学中、そのうち2人は日本人の子たちで日本に帰ったあとに就職活動の予定だと話していました。せっかく留学にくるなら、なにか資格を取っておくと就職や転職の際に自分の能力を証明できますね\(^o^)/

▼留学経験が帰国後の就職活動に与える影響をまとめた記事はこちら

いろいろな仕事の経験

せっかく海外に来たのだから、もっといろんな仕事ができたらよかったなと思います。

レストランやファームだけでなく、例えばオフィスでの仕事なども経験があればあるだけ、日本に戻ったときに職業選択の幅は広がりますよね!

わたしは、日本で教員として働き、ワーホリ後も教員に戻っていたので、せっかくならその他の仕事をもっとやってみたかったなと思っています。

オーストラリア ワーホリ

オーストラリアワーホリ中の求人情報の集め方

まずは様々なインターネットサイト。これまでも紹介しましたが、オーストラリアにはいくつかの生活情報サイトがあります。求人情報以外にもオーストラリアで生活していく上で便利な情報が載っているのでチェック!

  • 日豪プレス(全ての都市)
  • Jams TV(全ての都市)
  • Gumtree (英語版、全ての都市)
  • Dengon ネット(メルボルン)
  • Go豪メルボルン(メルボルン)
  • Seek (全ての都市)
  • Facebook
    『オーストラリア、バックパッカー、仕事、、、』などと検索すると様々なコミュニティが出てくるのでそこでもチェック!
  • お店の求人張り紙
  • 直接お店に聞いてみる
  • 友達などのつて
  • 学校などでの求人情報

友達のつてや情報交換は、オーストラリア生活において特に大事だと感じます!
学校のお友達などと助け合うことがここではキーポイントになってきますね。
一人で悩んだり、パソコンの前でにらめっこするだけでなく、色々な人に”仕事を探してるんだよねー”と言うと、以外にもすんなり見つかったりもします。

まとめると、
英語力、そして資格があれば、帰国後の仕事の幅はもっと広がったはずです。
ワーホリで、良い経験もたくさんでき、人にも恵まれて楽しい生活が送れましたが、 オーストラリアワーホリ後に後悔している3つのこと というタイトルにもあるように、この3つの後悔が残ってしまいました、、、。
そこで後悔したまま人生を終わらせたくない!
ということで、もう一度オーストラリア留学にチャレンジすることにしました!

でもワーホリ2年目終わってて、どうやって?と思ったみなさん!
ワーホリが使えなくても、これがある!学生ビザ!!!

オーストラリアの学生ビザとは?

学生ビザとは、オーストラリアの語学学校や専門学校、TAFE、大学に3ヶ月以上の通学を目的とした際に取得するビザです。
学生ビザでは、学習期間中は週20時間まで、ホリデー期間中はフルタイムでの就労が許可されています。そのため、生活費や学費を稼ぎながらの留学生活が可能となります。

またパートナーの方やお子様を伴ってのビザ申請も可能です。その際、パートナーの方も同じ条件で就労することができます。
(ただし、修士号や博士号を履修中の方のパートナーの場合は、常にフルタイムでの就労が可能です。)

オーストラリアは「働きながら勉強」を両立できる、数少ない国のうちのひとつであり、それだけでなく、学生ビザを取得すると通学期間に応じて、学校終了後に1ヶ月から4ヶ月程度のホリデーが付与されます。

学生ビザは、フルタイム(週20時間)の通学ができ、なおかつ海外からの学生の受け入れを行なっている学校への入学につき、付与されるビザです。
Your Aussie Lifeでは学生ビザ取得可能な学校選び(CRICOS登録)のアドバイスもさせていただいています。

このブログで、オーストラリア留学のビザについて、オーストラリアの学生ビザとは? 観光ビザで学校に通える?ワーキングホリデーの条件は?留学にかかる費用は? オーストラリア留学への手順は?
などあなたの疑問を解消していきましょう!

ということで、次は学生で、またメルボルンに戻ることに決めました。

これからワーホリを考えられている方、今ワーホリ中で今後どうしようかと悩んでいる方、ぜひわたしみたいに後悔しないように、ワーホリ中にできることは存分にやっておきましょう!!

資格の勉強なら、自分だけじゃなかなか進まないので、学校に通うのもいいですよね。

よくある質問

オーストラリアのセカンドワーホリの条件は何ですか?

オーストラリア セカンドワーホリビザ

1年目のワーキングホリデービザを保持した状態で政府指定の地域で88日間の季節労働に従事すると2年目のワーキングホリデービザに申請をすることができます。

1stワーホリビザはオーストラリア国内から申請できますか?

1年目のワーキングホリデービザ申請は、オーストラリア国外から申請をしなければなりません。

ワーホリ中は学校に通ったほうがいいですか?

ワーホリ 仕事探し

ご自身のプランと英語力にもよりますが、学校に通った方がよりワーホリを楽しめると思います。お仕事探しの際には英語力が1つの条件として考えられることが多いので、最初に語学学校に通ってからお仕事探しをされる方がほとんどです。

ワーホリ中の仕事はどう探せばいいですか?

Dengon Netなどの生活掲示板や、SEEK, Indeedなどインターネットでお仕事を探す方や、求人の張り紙を探す、直接レジュメを持っていく、友達のつてを利用する方法など、仕事の探し方は様々です。オーストラリアはコネクションによる採用も意外とされるので、色々な方とお友達になるのもお仕事ゲットの近道です。

Your Aussie Lifeについて

これまでに、世界中のたくさんの方がYour Aussie Lifeを通して、オーストラリアやニュージーランドでの留学・ワーホリを実現させてきました。

Your Aussie Lifeは、メルボルン、シドニー、チリやコロンビアにオフィスを持ち、たくさんの方より、信頼ができる留学エージェントとの評価をいただいております。

Your Aussie Lifeには“ユニバース”という自社開発のプラットフォームがあり、

  • 書類管理が一括でできる
  • 見積もりが簡単に確認できる
  • 支払いが安全にできる

ので、ビザやCOEなどの書類、お支払いの期限なども全部オンラインで確認することができます。

Your Aussie Lifeでは、カウンセラーが丁寧に、お客様の状況や条件をヒアリングしながら、それぞれに合ったプランを考えています。

  • オーストラリアの学生ビザとは?
  • 英語を半年で絶対伸ばしたい
  • 午前中は働きたいから夜のコースがいい
  • できるだけ安い学校がいい
  • 視野を広げたい

…など、なんでも伝えてもらって大丈夫です。
思い立ったらまずお問い合わせをしてみてください。

あやふやまなままでいいのかなぁ?もうちょっと自分で調べた方がいいのかな?と不安に思っている方もいらっしゃるかと思います。
いいんです。Your Aussie Lifeに丸投げしてください!

  • 留学に行きたいけど、どの都市が合いますか?
  • いつがいいと思いますか?
  • 暖かいところがいいです

とかでもいいと思います。

私たちのサービスはご相談から学校手配、帰国後の就職サポートまで全て無料で行なっており、皆さんの条件や状況に合わせた留学プランをご提案しています。

そして、おかげさまで120件以上の大満足(☆☆☆☆☆)というレビューもいただいております。学校や準備開始時期、渡航時期など、ご相談やご不明な点などがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

Your Aussie Lifeはメルボルンとシドニーオフィスから、最新の留学情報や生活情報を発信していきます!!

皆さんの、現地でのお悩み相談にも、どんどん現地オフィスを活用してくださいね♪

Your Aussie Lifeでは、サポートのプロが勢ぞろい! メルボルン、そしてシドニーより、あなたのオーストラリアの滞在を延長を全力でサポートします\(^o^)/

みなさんの要望や条件にあった学校を一緒に相談しながら決めていけますよ♪安心して頼っても大丈夫です!明るいオフィスでお待ちしております♡

日本からの電話やメールでのお問い合わせもどんどんお待ちしていま~す\(^o^)/

Dare yourself to come with us and live the best adventure of your life!

  • オーストラリア留学のリアルな費用についてはこちら
  • オーストラリア留学のビザについてはこちら
  • オーストラリアの学生ビザについてはこちら
  • ワーホリビザについてはこちら
  • 短期留学をお考えの方はこちら
  • オーストラリア留学の流れについてはこちら
  • オーストラリアの専門学校についてはこちら
  • TAFEについてはこちら

——–お問い合わせはこちらから。日本語でどうぞ!——–

Your Aussie Life

日本語直通電話:0452 202 350

LINE ID : ktgkucmmk

E-mail: momoka@youraussielife.com(日本からのお問い合わせもOK!!)

Facebook, Twitter , Instagram  “Aussie Life JAPAN“で検索!

Level9, 124 Exhibition Street, Melbourne, VIC, 3000

502/147 King St, Sydney NSW 2000

__________________________

5/5 (1 Review)
Share Tweet Pin It

0 Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせフォーム


お問い合わせ