ワーホリ体験談〜Chinatsuさんの場合〜ワーホリ後に英語を活かした転職活動!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...

カテゴリーなし

こんにちは!Chinatsuです。

メルボルンのカフェ、美容についての記事は読んでいただけたでしょうか?

オーストラリアに留学やワーホリをするにあたって必要な情報を記事に書かせてもらっています!

 

今回の記事では、オーストラリアで留学、ワーホリをしていた方が実際に日本に帰ってみて

オーストラリア生活がどう今の生活に影響しているのか、

オーストラリアで培った経験が今はどうなっているのかを書いてみようと思います。

体験談って実はどんな情報よりも、一番参考になりますよね。

今回は、第一弾ということで、わたくしChinatsuがこちらに答えてみようと思います!

自分で書いた質問を自分で答えるってなんだか変な感じですが、

Chinatsuスタイルで答えていきますね!笑


 

Profile:

現在27歳のChinatsuです。オーストラリアには2015年に渡航後、ファーム経験を経てセカンドビザ取得し計2年滞在しました。

Aussie Lifeの社長が働いていた前職場で数か月働かせて頂き、日本に帰国後も、こうして日本からAussie Lifeのスタッフとして、

そしてAustraliaから帰国した人たちを気持ち的にサポートできたらと思い、記事を書かせて頂いております。

 
 
 

・オーストラリアになぜ行こうと思いましたか?

 

2009年の専門学校の修学旅行でヨーロッパ旅行へ行きました。

その時ロンドンに行き、「私この国にいつか住みたい!」と思ったのです。

それまでは学校で学ぶ英語には全く興味はなく成績表は悲惨な感じでしたし、赤点ばかりでした 笑

まさか、自分が将来英語を使いたいと思うようになるとは、学生の頃は想像していなかったのです。笑

20歳になり、専門職に就いてから25歳になるまで「ワーホリでイギリスに行く」と思ってひたすら英語の勉強、貯金をしていました。

25歳になり、初めてのワーホリ申請。競争率が高いイギリスは落ちてしまったのです。

ですが、もう気持ち的には海外へ移住気分。もう一年、二年延ばすことは私の選択肢にはなく、

暖かくて、フレンドリーな国柄で、自然豊かなオーストラリアに魅力を感じオーストラリアへの渡航を決めました。

知り合いのオージーカップルがメルボルン出身で、メルボルンが一番いい!とおススメしてもらい、

すぐにメルボルンに決めちゃいました。

こう聞くと、イギリスがダメだったからオーストラリアに行った。というような感じになってしまいますが、

今は心の底からオーストラリアへ行って本当に良かった!!と思っています。

後悔なんて微塵もありません。

オーストラリアに感謝です!

 
 
 

・オーストラリアで印象に残っていること、楽しかったこと刺激的だったことなど

 

日本では出会えないような人たちに出会えたことです。

接客業を日本ではずっとやっていましたが、その職業をやっていても

オーストラリアで出会えた日本人でさえ、オーストラリアに来なければ絶対に出会うことは出来なかったんだろうな。と思います。

各国の人たちとも友達になることが出来、その国の文化や人柄を身近で感じることが出来、

文化は違えど、みんなでお酒を飲みながら笑顔で話し合うこと。これって世界共通で、

笑うって、笑顔って素晴らしいわー。と思いました!!

 
 

・オーストラリアに行ってよかったなと思うこと

日本に帰ってきてから改めて思ったのですが、人見知りが全くなくなりました笑

日本での接客業が長かったため、ある程度人見知りはしないタイプでしたがそれでも

自分との接点がなさそうな方などは少しシャイになりがちだったりしていました。

帰国し、仕事の面接を受ける時なども、始まる前は緊張してましたが

始まってしまえば結構スムーズに話すことが出来、それを評価してくださるところも多かったです。

自分の感性も幅広くなったと思います。

海外に住んでいたからこそ、日本人としての誇りもできました(行く前は日本なんて嫌いだーなんて気持ちが強かったです笑)

海外生活を経て、自分が大きく成長できたと実感しています。

 
 
 

・オーストラリアで大変だったこと

家探し、仕事探しは大変でしたが、それを超えるファーム経験が大変でしたね笑

最初に案内されたファームは、滞在先からかなり遠いところにあったので、

朝2時に起きて約2~3時間かけて車で向かい朝5時に仕事開始。

炎天下の中仕事をして、12時、1時に仕事終了して5時、6時に帰宅。

ご飯食べてすぐ寝るっていう感じでした。笑

すごく焼けました。

給料も安かったので赤字な日々でした。。。

今ではいい経験できたなー(苦笑)という感じですが、あの頃は凄く苦労していましたね。

 

 

・もしあれば、印象に残る嫌だったことや日本とのギャップなどありますか?

 

一度だけですが、アジア人女性を対象にした差別用語を向けられたことは悲しかったです。

明らかに少しおかしい感じの方だったのですが、それでもやはり意味を知ると悲しいですねー。

後は、女性差別の方が道で罵声を飛ばしながらこっちに向かって歩いてきたのも結構怖かったです。

基本的には平和なメルボルンですが・・笑

後は、一度だけヨーロピアンの友達と二人で家を契約して住んでいましたが、

その子との仲が少し悪くなってしまい、かつその子が国に帰ると言い出したので

家の契約、電気、水道、ネットの契約などの解除がすごく大変だったりしました笑

やはり家の契約のような大きな事は先のことを考えて慎重にやったほうがいいなと勉強にもなりましたね 笑

 
 

・いつ日本に帰国しましたか?

今年の2017年5月にオーストラリアを出てその後2か月ヨーロッパを11カ国旅し、

7月に帰国しました。(ヨーロッパ旅行の話もどこかで機会があればお話ししたいです!)

 
 
 

・帰国して改めて感じた日本の良さとは?

最初は、家族、ペット、友達に会えて嬉しくて、

日本食も美味しいし、日本のサービスは素晴らしいし、日本ってやっぱいいなあと思いました。

しばらくすると、オーストラリア渡航前に抱いていた日本への嫌悪感もまた産まれてしまったのも事実。。

でもそれに対して目を瞑れば、やはり家族、友達といつでも会える環境は素晴らしいですね!

 

 

・今は日本で何をしていますか?

 

日本での前職は美容師をやっていましたが、

オーストラリアの経験を経て、英語を使った仕事をしたい。という気持ちが強くなり

美容師としてではなく、現在会社員として英語を使ったお仕事をしています。

就職活動はもちろん大変でした。笑

前職が美容師だっただけに「もったいないねー」や、

「なんで続けないのー?」というように聞かれることが毎回でしたし。

でもそこに対して新しいキャリアを積みたい等の強い気持ちがあれば、そこもしっかり相手に伝わると思いますよ!

 

 
 

・これからのプランや考えていることがあれば教えてください

 

日本でのキャリアを積むためにオーストラリアから帰国したようなものなので、

独り立ち出来るようにしっかりと知識を身に着けていきたいと思っています。

英語を使うことはもちろんですが、どんなところに行っても、

例えば日本でも海外でも活躍できるように、今回も技術が身に着けられるように

一歩上のキャリアを見越して頑張っていきたいと思っています!

 
 
 

・オーストラリアの経験が今につながっているなと思うこと

 

オフィスで働くような経験がなかった私を雇ってくださった、Aussie Lifeの社長。

そこで働けたことで、色々な経験を身につける事が出来、その経験が実際に就職活動でも役立てることができました。

ファームでの過酷な環境を耐えしのいだ辛抱強さ、

人見知りがなくなったこと、

いろんな国の人と話していたので、その国独特のアクセントにも慣れたことなど、

全てのオーストラリアの経験は今の私に繋がっていると思います!

色々長いお話になってしまいました。笑

まだまだ伝えたいことなどもありましたが、

「もういいよーー!」って言うお声が聞こえてきそうなのでここら辺でやめておきます笑

オーストラリアに住んでみたいけど、

日本で仕事してるし、辞める勇気がない。なんて人たくさんいると思います。

凄く大きな一歩だと思います。

自分の環境を変えていくのはとても難しいことだと思います。

 

ですが、こうして日本に帰ってきて、より、オーストラリアでの経験がどれほど貴重で、どれほど今の私を支えてくれているか。

日々感じております。

オーストラリアで出来たお友達、

オーストラリアで得た経験

オーストラリアで見た景色。本当に素晴らしいです。

オーストラリアはあなたを後悔させませんよ!


 

是非興味がある人、

その一歩が踏み出せない方、

いつでもご相談に乗ります。

Aussie Lifeにも経験豊富な日本人スタッフが在籍しております。

是非一度、オフィスにお越しになってもらって

お茶でも飲みながら色々お話しましょう!

 

by Chinatsu

 

Share Tweet Pin It

Related post

0 Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

チャットしよう

チャットしよう